連載
» 2014年08月18日 15時00分 UPDATE

Biz.Hacks:使って試した「クラウド帳票作成サービス」12選 (1/4)

ネットさえあれば請求書や見積書などをどこからでも作成できる「オンライン帳票作成サービス」。本連載でこれまで紹介した12のサービスを「機能の豊富さ」「使いやすさ」「とっつきやすさ」という3つの評価軸でまとめて紹介する。

[山口真弘,Business Media 誠]
請求書 請求書の郵送まで対応するクラウドサービスが多い

 業務システムのクラウド化が進む中、請求書や見積書といった帳票をネット上で作成したり送信したりできるサービスが注目を集めている。出力フォーマットを統一できることはもちろん、過去のデータを利用して新規起票できるなど、帳票の作成にかかわる手間とコストを大幅に削減できる。

 これまでの帳票は、WordやExcelを使ってローカル環境で管理する企業も多く、使いにくくても使わざるを得ない状況もあった。クラウド帳票サービスを利用することで、複数の社員が品目データや取引先データを共有し、オンラインでの請求管理も可能になる。WindowsのほかMacやスマホ、タブレットなどからの利用も容易だ。

 作成した帳票はPDFに出力でき、そのまま取引先にメールで送付すること(添付するタイプとダウンロードURLを送るタイプがある)も可能。また、FAX送信や郵送(いずれも有料)に対応するサービスもある。

 これまで本連載では12のサービスそれぞれについて詳細に解説してきた。帳票が作成できるだけというシンプルなものから、入金管理や売上リポートまで提供するオールインワンタイプもあり、その性格はサービスごとに大きく違った。

 そこで今回は、「機能の豊富さ」「使いやすさ」「とっつきやすさ」という3つの評価軸で、あらためて12サービスを紹介する。詳細なレビューおよびスクリーンショットは、リンク先を参考にしてほしい。なおリンク先は執筆当時の内容であり、その後サービスが変化している可能性がある。

「Misoca」

機能の豊富さ ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
とっつきやすさ ★★★★★
帳票の郵送機能 あり(1通180円)

 「Misoca(みそか)」は、請求書や見積書、納品書といった帳票をオンラインで作成できるサービス。作成した帳票はPDFでダウンロードできるほか、メールやFAX(1通60円)での送信、さらには郵送(1通180円)にも対応するなど豊富な機能を備え、オンラインでの売上管理機能も備える。毎月発行する請求書をリピートで作成する機能も便利。FAX送信および郵送以外のすべての機能を無料で利用できる。 →「Misoca」のレビュー記事

Misoca Misoca

「MFクラウド請求書(β版)」

機能の豊富さ ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
とっつきやすさ ★★★★★
帳票の郵送機能 あり(1通170円)

 「MFクラウド請求書(β版)」は、請求書や見積書、納品書をオンラインで作成できるサービス。プレビュー機能により直感的に帳票を作成できるの特徴だ。会計サービス「MFクラウド会計・確定申告」と連携した入金管理機能も利用でき、請求書の郵送機能(1通170円)も備える。有料プランは今秋のリリースが予告されており、無料プランで対応しないPDF添付のメール機能やデザインテンプレートなどに対応する。 →「MFクラウド請求書(β版)」のレビュー記事

MFクラウド請求書(β版) MFクラウド請求書(β版)

「MakeLeaps」

機能の豊富さ ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
とっつきやすさ ★★★★★
帳票の郵送機能 あり(1通199円)

 「MakeLeaps」は、見積書、発注書、納品書、請求書、領収書といった帳票をオンラインで作成できるサービス。作成した帳票は郵送(1通199円)にも対応するほか、Evernoteへの保存にも対応。ベータ版ながら弥生会計や勘定奉行形式でデータを出力する機能も備える。月額1780円からの有償サービスだが、登録後30日間は全機能を無料で利用できるほか、それ以降も1ユーザー当たり5クライアントまでという制限付きながら無料で使える。 →「MakeLeaps」のレビュー記事

MakeLeaps MakeLeaps
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ