調査リポート
» 2015年09月08日 15時37分 UPDATE

働く男女の40.9%が「9月病」を実感 (1/2)

ビジネスパーソンはストレスと上手く付き合っていかなければいけないが、その実態はどうなっているのだろうか。GABA調べ。

[ITmedia]

 改正労働安全衛生法の施行で、2015年12月からは従業員50人以上の企業を対象に、ストレスチェックの実施が義務付けられることになった。ビジネスパーソンはストレスとうまく付き合っていかなければいけないが、その実態はどうなっているのだろうか。

 働く男女に、ストレスを感じているかどうかを聞いたところ、49.5%が「はい」と回答していることが、GABAの調査で分かった。

 10代以上の男女に、ストレスを感じるシーズンを聞いたところ「夏(6〜8月)」(53.8%)が最も多く、次いで「春(3〜5月)」(46.1%)、「冬(12〜2月)」(45.7%)と続き、「秋(9〜11月)」(35.2%)は最も低い季節となった。

ストレスを感じやすい季節(出典:GABA)

 秋のストレス度を月別でみると、9月は42.4%と10月(31.4%)、11月(31.9%)に比べて10ポイント以上も高い。これを職業別でみると、ビジネスパーソンは46.5%と高い。「過ごしやすい秋の到来でほっとひと息つきたいところだが、9月のストレス指数はまだ高く、特に働く人にとっては注意が必要だ」(GABA)

秋の月別ストレス指数(出典:GABA)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -