ニュース
» 2015年09月14日 17時28分 UPDATE

透けて見えるホームドアにコンテンツを放映 東京メトロが実証実験

東京メトロ有楽町線・豊洲駅の透過型ホームドアに、シャープ製シースルーディスプレイによるコンテンツを表示する実証実験が始まる。

[ITmedia]

 東京メトロは、有楽町線・豊洲駅に設置している透過型のホームドアに、シースルーディスプレイによるコンテンツを表示する実証実験を9月19日から行う。

photo 透過状態を選べる=ニュースリリースより

 透過型ホームドアは同駅に試験的に設置。通常のホームドアと違って線路側が透けて見えるため、駅空間の広がりを損なわないのが特徴という。

 実証実験では、シャープが試作したシースルーディスプレイをホームドアに設置。駅の案内や広告などを表示でき、透過状態のままコンテンツを表示することも可能だ。

 実験は半年ほどを予定。通常のディスプレイと比較した視認性や、地下駅に向く映像の検討などを行い、今後の展開に生かす。

photo 豊洲駅の透過型ホームドア

 シャープの試作ディスプレイは、カラーフィルターを使わず、RGB光源の点灯に合わせて画面を切り替えることでシースルーのカラー映像を表示する仕組み。IGZO液晶ディスプレイ技術を採用し、画面の高速切り替えによるなめらかな動画表示と、透過率の向上を実現している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -