コラム
» 2015年10月15日 08時05分 UPDATE

誰が、次のイーロン・マスクになれるのか (1/3)

世の中には、先天的にきわめて高い能力を持っている天才児がいる。そんな子どもが、物理学と経営学を学び、1週間100時間のハードワークをこなし、「人類を救う」強い意志を持っていたら、どうなるか。イーロン・マスクになる。

[竹林篤実,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

 イーロン・マスクのことをひと言で表すなら「現代最高の起業家」である。彼が、これまでに何をしてきたのか。最初はゲームソフトの開発だ。10歳の時から独学でプログラミングをマスターし、12歳でソフトを作り、500ドルで販売した。

 次は21歳の時。オンラインコンテンツ出版ソフトを開発し、これを扱うZip2社を立ち上げる。同社は4年後、コンパックに売却され、イーロン・マスクは3億700万ドルを手に入れる。

 次は28歳の時。オンライン金融サービスと電子メールによる決済システムを開発し、X.com社の共同設立者となる。同社が1年後、他社と合併してできたのがPayPal社である。これを31歳の時にeBayに15億ドルで売却する。

 つまりイーロン・マスクは31歳にして、既に15億ドル(約1785億円)もの資産を手に入れた。ハッピー・リタイアメントして何もおかしくない。あるいはエンジェルとなって、将来有望なベンチャーに投資する人生に転じても、まったく不思議ではない。

 ところがイーロン・マスクにとって、そんな選択肢はまったく眼中になかった。なぜなら、彼は本気で「人類を救わなければならない」と考えているからだ。

ソフトからハードへ

 巨額の資産を手に入れたイーロン・マスクが、次に手がけたこと。それはモノづくりである。それもチンケなものじゃない。宇宙ロケットを作るため、33歳にしてスペースX社を創業する。

 宇宙ロケットといえば、日本でも東大阪の中小企業が集まって開発した「まいど1号」が話題を集めたことがあった。けれども、スペースX社は、これとは決定的な違いがある。スケールである。

 スペースX社が最終的に目指しているのは、火星への人類の移住だ。そんなアホな、話ではある。一民間企業が、もっといえば一個人が考えて(夢想するだけの人ならいるかもしれない)、実行する規模の話ではない。けれども、イーロン・マスクは本気である。

 1基打ち上げるのに240億円かかるロケットを、何度も失敗しながら宇宙に飛ばそうとする。その結果、直近の目標だった、国際宇宙ステーションへの物資補給に成功。次の課題は有人宇宙飛行だ。

 アメリカ政府やロシア政府、あるいは中国政府が取り組んでいる話ではない。一企業が宇宙に人を送り込もうとしているのである。ど真剣に本気の話である。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -