ニュース
» 2015年12月08日 18時32分 UPDATE

六本木にKyochon1号店:仕事帰りに「チキン×ビール」を堪能 韓国のフライドチキンチェーンが日本初進出 (1/2)

韓国で約1000店舗を展開するフライドチキン有名店が日本に初出店。日本では珍しい豊富なフレーバーが消費者の興味を引くはずだという。

[伏見学,ITmedia]

 「チメク」という言葉があるのをご存じだろうか。これは「チキン」と「ビール」を組み合わせた造語で、韓国では日常的に当たり前のように使われている。「チキンを食べながらビールを飲む」といった意味だ。

 韓国ではこのチメクを堪能できるフライドチキン専門チェーンが数多く存在しており、韓国の人たちにとってソウルフードとも言える。

人気メニューの1つ「レッド ウイング」。ビールが進む辛さ 人気メニューの1つ「レッド ウイング」。ビールが進む辛さ

 その代表的なブランドチェーンの1つであるKyochon(キョチョン)が12月9日、東京・六本木に日本1号店をオープンする。「チキン×ビール」のコンセプト通り、店舗の外観も生ビールを描いたデザインになっている。

 Kyochonは1991年に開業。現在は韓国で995店舗を展開するほか、米国、中国、フィリピン、タイなど東南アジアにも進出している。日本を含めて海外は34店舗に上る。韓国では1店舗当たりの売上高がフライドチキン専門チェーンの中で最も大きいという。

 人気の理由は、ガーリック風味の「オリジナル」、唐辛子を使った「レッド」、蜂蜜の「ハニー」、そしてライスフラワーを使用した「サルサル」という4種類のフレーバーを用意し、これらをウイング(手羽)とドラムスティック(骨付きもも肉)の2種類の部位から選べる点だ。

4種類のフレーバーを用意する 4種類のフレーバーを用意する

 Kyochonの日本進出を手掛けたフード・プラネットでブランド・インテグレーション部長を務めるスカイ・ホワイトヘッド氏は、この豊富なメニューが日本でもヒットすると見る。

 「これまで日本でチキンといえば、ケンタッキーフライドチキン(KFC)、あるいは唐揚げのイメージが強かった。Kyochonのような従来と異なるスタイルに多くの消費者が目新しさを感じるのでは」(ホワイトヘッド氏)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ