ニュース
» 2015年12月15日 17時49分 UPDATE

JAL、客室乗務員の契約社員制度を廃止 正社員として雇用へ

JALが客室乗務員の契約社員制度を廃止し、契約社員を正社員として雇用する。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)は12月15日、客室乗務員の契約社員制度を来年4月に廃止すると発表した。在籍する契約社員は正社員として雇用し、来年4月以降に入社する客室乗務員は正社員とする。「雇用環境をとりまく変化や、女性活躍を推進する社会情勢の変化を踏まえた」としている。

 グループの航空各社でも雇用形態の変更について検討を進める。

photo JALの入社式=ニュースリリースより

 客室乗務員の契約社員制度は、JALが人件費抑制などの狙いから1994年に導入し、国内各社も相次いで採用していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -