連載
» 2016年04月19日 08時00分 UPDATE

スピン経済の歩き方:災害取材を行うマスコミが、現地で非常識な行動をとる理由 (1/5)

関西テレビ放送の中継車が、被災地のガソリンスタンドで給油待ちをしていた車列に割り込んだことが発覚した。過去にも被災地でマスコミの非常識な行動が問題になっているが、なぜ彼らは“迷惑”なことをしてしまうのか。筆者の窪田氏によると……。

[窪田順生,ITmedia]

スピン経済の歩き方:

 日本ではあまり馴染みがないが、海外では政治家や企業が自分に有利な情報操作を行うことを「スピンコントロール」と呼ぶ。企業戦略には実はこの「スピン」という視点が欠かすことができない。

 「情報操作」というと日本ではネガティブなイメージが強いが、ビジネスにおいて自社の商品やサービスの優位性を顧客や社会に伝えるのは当然だ。裏を返せばヒットしている商品や成功している企業は「スピン」がうまく機能をしている、と言えるのかもしれない。

 そこで、本連載では私たちが普段何気なく接している経済情報、企業のプロモーション、PRにいったいどのような狙いがあり、緻密な戦略があるのかという「スピン」を紐解いていきたい。


 熊本地震の取材をしていた「関西テレビ放送」の中継車が、被災地のガソリンスタンドで給油待ちをしていた車列に割り込んだとして、同局がお詫び文を出した(関連記事)

yd_kubota1.jpg 4月18日、関西テレビがお詫び文を発表した

 割り込みは、被災者のTwitterで指摘。当初は「デマではないか」なんて擁護(ようご)の声もあがっていたが、当事者が非を認めた形となった。

 ただ、現地では他にも同様の話があるようだ。避難所の駐車場にマスコミの取材車両が大挙して押し寄せたことで迷惑だという声がTwitterで拡散されているし、お笑い芸人の田村淳さんも自身のアカウントで報道陣に以下のように呼びかけている。

 報道のヘリで現地の大事なアナウンスがかき消されたり…報道の照明で夜中に照らされたり…報道の中継車が道を塞いで通れなかったり…報道の人がいなかったら、僕たちは現地の様子を知る事ができないのですが…どうか被災された方の気持ちを優先して、現地の様子を伝えて欲しいです。

 ご存じの方も多いと思うが、この手のトラブルは東日本大震災でもよく聞かれたし、古くは阪神・淡路大震災でも問題となっている。田村さんが言うように、報道は被災地の様子を伝えるという使命を果たす一方で、被災者の方たちをかなりイラっとさせている現実があるのだ。

 なぜこうなってしまうのか。

 いろいろな意見があるだろうが、問題の根幹には、マスコミが、「災害の爪痕を世に広く知らしめなくてはいけない」という強迫観念にも似た思い込みにとらわれていることが大きいのではないかと思っている。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集