ニュース
» 2016年05月16日 11時24分 UPDATE

任天堂が映画事業参入へ 自社キャラクター活用

任天堂が自社キャラクターを活用した映画事業に乗り出すという。

[ITmedia]

 任天堂が自社キャラクターを活用した映画事業に乗り出すことを君島達己社長が明らかにした朝日新聞の報道が伝わり、5月16日午前の同社株価は上昇している。

photo 多くの人気キャラクターを保有する任天堂=「スマッシュブラザーズ」公式サイトより

 同紙の報道によると、従来は「マリオ」の実写版などライセンスを供与する形で映画制作に関わってきたが、今後は「できるだけ自分たちでやっていきたい」として、世界的な複数の制作会社と提携交渉を進めているという。第1作は数年後の完成を目指すという。

 マリオや「ゼルダの伝説」など、任天堂が保有するIP(知的財産)はさまざまだが、君島社長は「みなさんの親しみのあるものが出ますということしか言えません」と具体的な内容は明らかにしていない

 任天堂はマリオなど自社のIP(知的財産)を積極的に活用していく方針を掲げており、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市)の運営会社との提携も発表している。

 報道が伝わった16日午前の株式市場で、任天堂の株価は上昇。午前11時過ぎの時点で前営業日比プラス2.5%近辺の水準で推移しており、日経平均株価の上昇率を上回っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集