ニュース
» 2016年05月30日 16時56分 UPDATE

たばこのパッケージ 画像付きの警告表示に7割が賛成

警告表示の面積拡大や画像付きで警告することに賛成だった人が7割――国立がん研究センターの調査で分かった。

[ITmedia]

 国立がん研究センターが発表したたばこのパッケージに関する意識調査の結果によると、警告表示の面積拡大や画像付きで警告することに賛成だった人が7割もいることが分かった。

 警告表示の面積を拡大することについて、喫煙者の47%、全体の72%が賛成。警告表示に画像を入れることについても、喫煙者の46%、全体の70%が賛成し、反対は喫煙者でも20%にとどまった。

photo 画像付きで警告することに賛成だった人が7割もいると分かった

 警告表示の重要性は、世界保健機関(WHO)が繰り返し強調しているが、日本ではパッケージ面積の30%に注意文が記載されるにとどまり、画像による警告表示はない。画像を活用した警告表示は先進国を中心に77カ国が採用しており、日本でも検討中という。

photo (出典:国立がん研究センター)

 4月9〜14日にネットで調査し、喫煙者1000人を含む成人2000人から回答を得た。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集