ニュース
» 2016年06月08日 14時58分 UPDATE

富士通とクラウドストレージのBoxが提携 新サービスを共同開発へ

富士通は米Boxが提携。クラウドストレージを核に、両社で新サービスの開発も目指す。

[ITmedia]

 富士通は6月8日、クラウドストレージサービスを運営する米Boxとコンテンツマネジメント分野で業務提携すると発表した。社内コミュニケーション基盤にファイル共有サービス「Box」を採用し、保管データ量の増加に伴うストレージ増設費用の抑制や、セキュリティ強化に役立てるほか、両社の知見・ノウハウを生かした新サービスを共同開発する。

photo 米Boxのアーロン・レヴィCEO(左)富士通の阪井洋之グローバルマーケティング部門長(中)Box Japanの古市克典社長(右)

 富士通は10月から、国内外の従業員約16万人の社内コミュニケーション基盤として運用を開始する。文章(資料)データなどのコンテンツを一元管理(共有)することで、ファイルストレージの8割を占める重複ファイルを排除できるという。

 全ての業務関連コンテンツをBox上で管理することで、PC紛失などによる情報漏えいのリスクを低減させる狙いもある。

 来年には、富士通が展開するクラウド基盤「MetaArc」(メタアーク)の一部としてBoxを提供。Box上に保存したデータを、富士通が持つ国内のデータセンター上に収容するニーズへ対応していく。

 また富士通の技術とBoxを連携させ、製造・流通・公共などの業種特化型や、CRM(顧客管理)などの特定業務向けのグローバルコミュニケーション基盤を共同開発していく。

 富士通の阪井洋之執行役員常務(グローバルマーケティング部門長)は「10月から共同で拡販活動を実施し、3年間で100万IDを目指す。将来は協業の範囲をグローバル市場へと拡大させる」と意気込む。

photo 阪井洋之氏

 米Boxのアーロン・レヴィCEOは「富士通をパートナーに選んだのは、日本におけるデジタル変革のリーダーだからだ。今回の協業により、グローバル市場での成長を加速させたい」と話す。Box Japanの古市克典社長は「ビジネスのデジタル化が進み、セキュリティ面がますます重要視されるようになった。セキュアなコラボレーションとコンテンツマネジメントを可能にするテクノロジーを提供し、多くの企業を支援したい」としている。

photo アーロン・レヴィ氏

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集