ニュース
» 2016年06月29日 19時03分 UPDATE

コニカミノルタジャパン、アドビと提携 マーケティング分野に注力

コニカミノルタジャパンは、アドビシステムズとデジタルマーケティング分野で提携する。

[ITmedia]

 コニカミノルタジャパンは6月29日、アドビシステムズとデジタルマーケティング分野で提携すると発表した。アドビ製品を活用したソリューションを国内外の企業に提供するほか、両社で新サービスの共同開発も計画。18年までに世界展開も進め、2020年までに100億円以上のビジネス規模に育てたい考えだ。

 これまでのデジタルマーケティングのコンサルティングに加えて、アドビが展開するデータ分析プラットフォーム「Adobe Marketing Cloud」を活用したマーケティングソリューションサービスを提供する。具体的には、同製品の導入コンサルティングや導入のためのソフトウェアの設計から開発、実装、運用サポートを行う。

photo 原口淳社長

 また今後、同社の近距離無線通信技術やセンシング技術、オンデマンドプリントサービスなどをアドビ製品と融合させた新サービスを共同開発する。

 コニカミノルタジャパンの原口淳社長は「企業のデジタルマーケティングに対する投資額が徐々に大きくなってきており、今後もこの市場は伸びていくと考えている。当社はもともとデータのインプットには強みがある。アドビシステムズと連携することで、その強みを生かし、この分野に注力していきたい」と話した。

 都内で開いた記者会見では、同社が4月から展開している介護施設向けサービス「ケアサポートソリューション」のデモを通じ、介護分野のサービスにも注力する方針を説明。「介護施設の利用者は今後も増加する。当社はデジタルマーケティング分野と、介護施設向けサービスの分野でトップ企業を目指したい」(原口社長)とした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集