ニュース
» 2016年09月14日 11時28分 UPDATE

セブン-イレブン、パスタサラダ24万食を自主回収 原材料の「卵」記載漏れ

セブン‐イレブン・ジャパンはセブン‐イレブン店舗で販売したパスタサラダ24万1210食を回収する。

[ITmedia]

 セブン‐イレブン・ジャパンは9月13日、東京都と埼玉県の一部のセブン‐イレブン店舗で販売したパスタサラダに、アレルギーを引き起こす恐れがある「卵」の表記が抜けていたとして24万1210食を回収すると発表した。

 対象商品は「バジルソースで食べる緑の生パスタサラダ」。7月5日〜9月13日に販売したもので、消費期限が「2016年9月15日午後4時」までのもの。

 同社は「再発防止と品質管理の一層の強化に努める」と謝罪している。

photo 「バジルソースで食べる緑の生パスタサラダ」
photo ニュースリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集