連載
» 2016年10月17日 07時17分 UPDATE

新連載・ライザップに挑戦してみた:なぜ人は太るのか 「ロジック」を理解していれば痩せられる (1/4)

「飲み会が続いていて、お腹が出てきた」「毎日3食きっちり食べると、太ってしまう」という人も多いのでは。筆者の上阪徹氏は「ライザップ」に挑戦し、ダイエットに成功するわけだが、プログラム終了後も体重は増えていないという。その理由は……。

[上阪徹,ITmedia]

 「ライザップについて書いてみませんか?」

 そんなメールが私のところにやってきたのは、今年2月のことだった。成城石井、ローソン、ドトール、ボルテージ、リブセンス、クックパッドなど、さまざまな企業に取材をして本を作る仕事をしている私に、次はライザップについて書いてみないか、というお誘いをいただいたのである。

 ライザップはもちろん知っていた。ダイエットプログラムを提供して、急成長を遂げていた。ビフォーアフターの鮮烈な映像を使ったテレビCMや広告も強烈なインパクトがあった。

 多くの元気な企業に取材して改めて実感していることがあった。それは、「支持されるには間違いなくそれなりの理由がある」ということだ。ライザップについては「無理をさせられるんじゃないか」といったネガティブなイメージを持つ人もいることは知っていたが、きっと多くの人が支持する理由があるに違いないと感じていた。

 特にダイエットに興味があったわけではない。だが、30代後半からじわじわと進んだ中年太りは、やはり気になるところだった。かつてアパレルメーカーに勤務していたほどの洋服好き。ところが、ウエスト周りがぽっこりしてきたために、気に入った洋服も着られない状況になっていた。面白そうだ、やってみよう、と引き受けることにした。

 こうしてできあがったのが、『ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか』(あさ出版刊)である。私は本を書くにあたり、関係者の取材ばかりでなく、2カ月間、自らライザップのダイエットプログラムを実践することになった。「筋力トレーニング」と「低糖質食事法」を、マンツーマンでトレーナーに寄り添ってもらう、というものだ。

 その結果に驚いたのは、誰よりも私自身だった。特に太っていたわけではなかった50歳の私の体重は、わずか2カ月で7.2キログラム減った。ウエストは11.8センチメートル減。体脂肪率は25.0%が17.7%になった。

 しかも、印象的だったのは、健康的に痩(や)せられていたことだ。歳を取ってから急激に痩せると、一気に老けてしまうこともあるが、そんなことはまったくなかった。むしろ「若返りましたね」「スマートになりましたね」という声を周囲から受けた。

 さぞや苦しいダイエットだったのではないか、とも問われたが、実はそんなことはなかった。筋力トレーニングは、1回50分で週に2回。それだけなのだ。食事はかつてから大きく変わったが、食べられなくて辛い、ということもほとんどなかった。

 さらにこの原稿は、ライザップのプログラムを終えて3カ月以上経過してから書いているが、私の体重は増えているどころか、むしろ減っている。いわゆるリバウンドはないのだ。いったいどうしてこんなことができているのか。

筆者の上阪氏はライザップのプログラム終了後も、体重が減っているという
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集