連載
» 2016年10月19日 06時00分 UPDATE

意外と知らない教育現場のいま:未成年の人工妊娠中絶数、年間約1万8000件 「日本の性教育は不徹底」 (1/3)

人工妊娠中絶数自体は平成初期をピークに減少傾向にあるが、そのうちの10代の割合は相変わらず高いまま――。が、これは個人の責任問題ではない。性教育を系統立てて授けていくシステムを構築できていない国の責任である。

[鈴木隆祐,ITmedia]

意外と知らない教育現場のいま:

 「不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」(『去来抄』より引用)

 この松尾芭蕉の言葉こそ、教育の真相を突いている。古い理(ことわり)にばかり縛られていると、社会も事業体も衰退してしまう。しかし、変えてはならない部分を変えてしまうと、今度は立ち所に瓦解を迎えてしまう。教育現場は経験の蓄積を大事にしつつも、つねに果敢な脱皮を繰り広げている。その実態を極力現場の声を拾いながら、伝えていきたい。


 1979年に始まったTBSのドラマ、『3年B組金八先生』の第1弾は女生徒・浅井雪乃を巡る、「十五歳の母」が主要テーマだった。雪乃は学級委員を務めるほど成績優秀だったが、家庭内に不和があり、さらに優等生の宮沢保と恋に落ち、やがて妊娠してしまう。が、彼らは周囲の猛反対の中、出産という選択をするのだ。

 私がちょうど中学に入った年に開始したドラマで、この展開をどこかおとぎ話のように感じていた。いくら親を説得できたところで、実際に未成年が赤児を育てるのは並大抵の苦労ではなかろう。自業自得……避妊をしなければ、当然こういう結果になるとクールにも眺めていた。妊娠に気づいたときは既に堕胎は不可能という設定だったが、そこまで今日の中学生は浅はかではないとも思った。

 未成年の妊娠は別に罪ではないが、自分たちで責任を負えないことはなんであれ問題で、とても彼(彼女)らを温かい目では見守れない。が、これは個人の責任問題ではない。性教育を系統立てて授けていくシステムを構築できていない、文部科学省や厚生労働省に責任がある。そして、よしんば無知から「十五歳の母」が生まれたとしても、いまだ彼らをフォローアップする(いわば社会が子を守り育てる)体制を作れない少子化対策担当の内閣府の責任はさらに重い。

photo 未成年の人工妊娠中絶数は高いまま
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集