特集
» 2016年11月02日 07時00分 UPDATE

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:活躍できる職場をAIがレコメンド 人事業務の最適化で「輝ける人を増やす」 (1/3)

採用活動、人事配置などの人事業務は属人的な判断に頼る部分が多く、まだまだ合理化されていない領域の1つだ。そのような中、人事業務にテクノロジーを掛け合わせた「HRテック」(Human Resource Technology)と呼ばれる取り組みが本格化しつつある。

[鈴木亮平,ITmedia]

 近年、さまざまな仕事にAIが活用されはじめている。その流れは人事業務にも及んできており、採用や人事配置をAIに任せる時代の到来は、実はそう遠くはない――。

 人事業務(特に採用や人事配置)は基本的に属人的な判断に頼る部分が多く、まだまだ合理化されていない領域の1つだ。そのような中、人事業務にテクノロジーを掛け合わせた「HRテック」(Human Resource Technology)と呼ばれる取り組みが本格化しつつある。

 HRテックを国内で主導する企業が転職サイトを運営するビズリーチだ。同社は今年6月に、AIが採用活動や人事配置などを最適化してくれるサービス「HRMOS」(ハーモス)をリリース。2019年までに2000社以上の導入を目指すとしている。このサービスによって同社は「単に人事業務の負担を軽減するだけでなく、職場で輝ける人が増えていく」と説明する。どういうことか。同社の取締役、竹内真氏に話を聞いた。

photo AIが採用活動や人事配置などを最適化してくれるサービス「HRMOS」
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -