ニュース
» 2016年11月24日 19時15分 UPDATE

ネット黎明期に大人気:20周年迎える「PostPet」、新作はVR

愛玩電子メールソフト「PostPet」が来年20周年を迎える。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 ソニーネットワークスは、メールソフトとしてネット普及初期に人気を集めた「PostPet」が来年1月で販売20周年を迎えることを記念するプロジェクトをスタートする。VR(仮想現実)で「モモ」と触れ合える「PostPet VR」も登場する予定だ。

 PostPetは、ピンク色のクマ「モモ」などのキャラクターが電子メールを運ぶことで、ユーザー同士でコミュニケーションができる「愛玩電子メールソフト」として1997年に登場。その後はWebメール版をはじめ、SNSや携帯ゲームなどのさまざまなサービスを展開してきた。シリーズ累計出荷数は1500万本に上る。

photo 記者向け発表会に登壇した面々。左から、「サントニブンノイチ」店員でモデル・タレントのゆうたろうさん、増田セバスチャンさん、八谷和彦さん、人気キャラの「モモ」
photo PostPet公式サイト

 20周年記念のロゴとビジュアルのデザインは、アートディレクターの増田セバスチャンさんが担当した。幅広い年齢層のファンに愛されることをテーマに制作したという。

photo 20周年記念ビジュアル=左、20周年記念ロゴ=右 「おめでとう!20歳のオトナとコドモたち」がテーマだ

 アニバーサリープロジェクトでは、第1弾として、10代の若者に人気のアパレルショップ「サントニブンノイチ」とのコラボレーションを行う予定。モモのテーマカラーであるピンクを基調としたファッションアイテムを制作し、今年中の商品化を目指すという。

 また、PostPetの新サービスとして、VR(仮想現実)を導入した「PostPet VR」の開発も始める。手がけるのは、PostPetの産みの親である八谷和彦さんが代表を務めるペットワークス社。ユーザーがVRゴーグルを装着するとPostPetの世界に入り、モモやキャラクターと触れ合えるものを目指すという。現在、クラウドファンディングサイトのCAMPFIREで開発資金を募っている。

 今後は各地でユーザー向けの体験会を実施し、フィードバックされた意見をもとに改良を重ねていく考えだ。

photo CAMPFIREで支援を受け付けている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集