ニュース
» 2016年12月12日 16時55分 UPDATE

大阪の店舗で実施:ローソン、袋詰めもする完全自動セルフレジを実証実験

ローソンとパナソニックが、自動セルフレジ機「レジロボ」を実店舗に導入した。レジ作業の時間の短縮をはかるという。

[ITmedia]

 ローソンとパナソニックは12月12日、完全自動型のセルフレジの実証実験を始めたと発表した。買い物かごを置けば精算と袋詰めまでしてくれるレジ機を導入、将来の顧客対応の自動化を目指す。

photo 完全自動セルフレジ機「レジロボ」(出典=ローソンのプレスリリース)

 顧客が商品のバーコードをスキャンした後に専用のバスケットに入れると、清算と袋詰めを自動で行うセルフレジ機「レジロボ」を実店舗に導入。店員がレジ打ちや袋詰めを行う必要がなく、省力化できるとしている。

 来年2月からは、電波を用いて自動的に商品を識別するRFIDタグを使用した商品管理を始める予定。バーコードの代わりに使用することで、商品スキャンの手間を解消できるという。

photo 電子タグの使用イメージ(出典=ローソンのプレスリリース)

 実証実験は、パナソニックがITを活用した店舗運営を進めている「ローソン パナソニック前店」(大阪府守口市)で実施する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集