ニュース
» 2017年01月13日 16時04分 UPDATE

訪日外国人は過去最多:2017年の旅行市場はこうなる JTBが予測

JTBが調査結果を発表。訪日外国人旅行者が増加し過去最多となる一方、海外旅行のコスト増などが原因で日本人の旅行者数は昨年から変動が少ないと予測する。

[ITmedia]

 JTBが発表した2017年の旅行市場予測によると、今年の訪日外国人旅行者数は2700万人と、過去最多になる見込みだ。一方、日本人の総旅行者数は微増する程度とみている。

 17年の訪日外国人旅行者数は、前年比12.0%増となる2700万人と予測。中でも、日本人気の高い中国人旅行者が増える可能性が高いという。来日の際の交通手段は、政府が受け入れ体制の整備を進めるクルーズ船の利用が増える見込みだ。クルーズ船は、日本各地に寄港することによって、高い経済効果を生むことが期待されている。

photo 17年の旅行市場予測および過去の結果

 17年の日本人の総旅行者数は、0.4%増の3億1500万人と予測。うち国内旅行者数は0.4%増の2億9800万人、海外旅行者数は横ばいの1700万人を見込む。

 国内旅行者は、毎月末に金曜日の退社時間を早める「プレミアムフライデー」が2月から始まることや、LCCの利用が進むこと、JR各社が観光地をめぐるクルーズトレインの運行を始めることなどが増加要因になるとみている。

 海外旅行者は、16年は無料だった燃油サーチャージが2月から再度有料になる上、円安などもあり、旅行に必要な費用が上昇するため、伸び悩むと予測する。

photo 日本人の旅行意欲に関するアンケート結果

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集