インタビュー
» 2017年02月15日 07時10分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(飲む公演):「必要な一杯をどうぞ」世界初の機械にゴクリ (1/6)

いま必要なサプリメントを自動的につくってくれる――。そんな未来感が漂うマシーンが、まもなく登場しそうだ。その名は「healthServer(ヘルスサーバ)」。このマシーンの何がスゴいかというと……。

[土肥義則,ITmedia]

 指を触れて、待つこと20秒――。機械から「ガガガ」という音がして、その人に必要な栄養素が出てくる。まるでゲームの主人公が手に入れる“回復ドリンク”のようなマシーンが登場した。その名は「healthServer(ヘルスサーバ)」。2012年に創業した「ドリコス」という会社が開発したのだ。

 記者も試したところ、カラダの状態を示すアクティビティスコアは「60」。この数値は10〜100で表示され、60は「ややお疲れ気味」だそうである(前日に深酒をした影響である……と信じたい)。このスコアを受けて、機械から栄養素が調合されて出てくる。カップに注がれたサプリは、水などに溶かして飲むことができ、味は「スポーツドリンクのような感じ」(ドリコスの大久保直樹副社長)だという。ちなみに、取材当日は某テレビ局も来ていて、そのスタッフの数値はなんと「100」。大久保さんによると「アクティビティスコアは20〜30の人が多くて、100という数値は初めて見ました」とのこと。メディアで働くみなさん、健康にはくれぐれも気をつけましょー。

ドリコスが開発した「healthServer」。栄養管理士と医学博士の監修を受けて、必要とされる栄養素を判定している

 「え、なんだか面白そう。オレも欲しい」と思われたかもしれないが、もう少しお待ちいただきたい。healthServerは現在開発中で、法人向け・家庭向けともに年内の発売を予定している。利用するには、サーバ本体を借りて、栄養素が入っているカートリッジを購入する形になりそう。価格は、法人向けが月に1人当たり1000円ほど、家庭向けは月5000円ほどを予定している。

 このhealthServerの特徴は何と言っても「レコメンドしてくれるだけでなく、その場でサプリを提供してくれること」。わざわざ薬局やコンビニに足を運ばずに、その場で提供されるので便利な一品である。しかし、この製品の本当の実力はそれだけではない。たくさんの人が使えば使うほど、長く使えば使うほど、真の実力を発揮するかもしれないのだ。どういうことか?

 勘のスルドい読者は、ここまで読んで「ははーん。いま流行りのアレね」と思われたかもしれない。まだ世に出していない段階で、ドリコスは次の一手として何を考えているのか。同社の竹康宏社長に話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -