連載
» 2017年03月01日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(物怖じしない公演):知られざる“地上パイロット”の調整力に仰天 (1/7)

航空会社で“地上のパイロット”と呼ばれている人がいることをご存じだろうか。正式名は「運航管理者」。パイロットと同等の立場で、意見を言うことができる運航管理者はどのような仕事をしているのだろうか。JALの担当者に話を聞いたところ、彼らの調整力にびっくり!

[土肥義則,ITmedia]

 航空会社でどのような人が働いている? このように聞かれると「パイロット」「CA(キャビンアテンダント)」「整備士」といった職業を想像すると思うが、“地上のパイロット”と呼ばれている人たちがいることをご存じだろうか。正式名は「運航管理者(英語でディスパッチャー)」。飛行機が目的地にたどり着くために、「飛行計画(フライトプラン)」を作成しているのだ。

 ところで飛行計画とは何か。飛行機がどの経路を飛べば揺れが少ないのか。燃料はどのくらい搭載するのがいいのか。運航管理者はさまざまな情報を集めて、パイロットに「このルートで飛んでください。燃料はこれくらいで」と指示しているわけだが、個人的に気になったことがある。運航管理者はパイロットではないので、飛行機を操縦したことがない。そんな素人的な人なのに(失礼)、その道のプロに「ああだ、こうだ」と言って、彼らから「むっ」とされないのだろうか。

 そのような疑問を、JALで運航管理者として活躍されている鈴木慎吾さんに聞いたところ「2人とも大人なので、子どものようなケンカにはなりませんが、飛行計画について、意見が食い違うことがあります」とのこと。パイロットといえば、何年も訓練して、何百、何千時間も飛んでいて、英語もペラペラで(←関係ない)……そんな人に対して、運航管理者はどのように説得しているのだろうか。

 もうひとつ、気になることがある。映画やドラマなどで「パイロットと管制官が会話をしている」シーンを見たことがあると思うが、そのとき……いや、正確に言うと、その前に運航管理者は何をしているのか。話を聞いたところ、映画やドラマの制作チームは視聴者に分かりやすく伝えるために、ある“編集”を施していることが分かった。

 これまであまり表舞台に立ってこなかった運航管理者は、パイロットとどのような最善策を図っているのか。また、パイロットと管制官が話しているシーンの裏にどんなことが隠されているのか。鈴木さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

運航管理者はパイロットとどのような最善策を図っているのか
       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集