連載
» 2017年03月07日 08時00分 公開

スピン経済の歩き方:なぜ日本のおじさんは怒ると「責任者を呼べ!」と騒ぐのか (1/5)

街中を歩いていて、おじさんが「責任者を出せ!」と騒いでいるのを聞いたことはないだろうか。例えば、駅員に大声を出したり、コンビニの店員を叱ったり、とにかく日本のおじさんはよく怒っている。なぜおじさんは「責任者を呼べ!」と叫ぶのか、その背景を調べてみると……。

[窪田順生,ITmedia]

スピン経済の歩き方:

 日本ではあまり馴染みがないが、海外では政治家や企業が自分に有利な情報操作を行うことを「スピンコントロール」と呼ぶ。企業戦略には実はこの「スピン」という視点が欠かすことができない。

 「情報操作」というと日本ではネガティブなイメージが強いが、ビジネスにおいて自社の商品やサービスの優位性を顧客や社会に伝えるのは当然だ。裏を返せばヒットしている商品や成功している企業は「スピン」がうまく機能をしている、と言えるのかもしれない。

 そこで、本連載では私たちが普段何気なく接している経済情報、企業のプロモーション、PRにいったいどのような狙いがあり、緻密な戦略があるのかという「スピン」に迫っていきたい。


おじさんは怒ると、すぐに「責任者を呼べ!」と叫ぶ

 先日、介護施設にお勤めの方のあるツイートが話題になった。

 詳しくはググっていただきたいのだが、禁煙エリアで喫煙をしていた50〜60代の男性を職員の方が注意したところ、「客に向かってなんて態度だ!」と逆ギレし、それを職員が「お客さまとして扱うのはルールを守る事が前提だ」と返したところ案の定、こんなことを言い始めた。

 「責任者を呼べ!」

 そこで現われたツイート主が、職員の対応に問題はないことを話したところ、男性はさらにヒートアップ。「裁判で訴える!」と迫り、さらには入所している自分の母親の退所手続きまでしようとした。そこに駆けつけた家族が説得し、頭を冷やした男性はようやく自分の非を認めたという。ツイート主が、なぜこの年代は素直に謝らないのかと疑問を呈したことを受けて、「オレの周りにもこういう逆ギレおじさんいるよ」と共感する声が多くあがったのだ。

 確かに、今の日本で最もキレやすいのは、おじさんたちだ。

 日本民営鉄道協会に加わっている大手私鉄16社、さらにJR6社などを合わせた32の鉄道事業者がまとめた「鉄道係員に対するも暴力行為の件数・発生状況について」(平成28年7月4日)によると、電車の駅員へ暴行をくわえる加害者側の年齢は、60代以上(23.8%)が最も多くて、次いで50代(19.3%)となっている。

 20代の若者がマナーの悪さを注意され、暴力に訴える展開よりも、息子くらいの若者に注意されたおじさんたちが、「この若造が! オレ様を誰だと思ってんだ!」とオラオラ系に豹変するパターンのほうがこの国では遥かに多い。

 ただ、個人的にはこのエピソードで気になったのは、「キレるおじさん」問題より、この男性が放った「責任者を呼べ!」という言葉だ。

ITmedia ビジネスオンラインの連載が書籍になりました!

 ITmedia ビジネスオンラインの人気連載をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ)を発売しました。本連載「スピン経済の歩き方」の人気記事を加筆し、掲載しています。

 なぜあの商品はヒットしたのか。その舞台裏(55例)に迫りました。お近くの書店やECサイトなどでどうぞ。

 →『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ、1500円+税)


       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集