ニュース
» 2017年03月31日 12時56分 UPDATE

PER179倍:ユーザーローカル初値、公開価格4.25倍 AIに高い期待

ユーザーローカルが上場2日目に取引成立。

[ITmedia]

 3月31日の株式市場で、ユーザーローカルが東証マザーズ上場2日目で1万2500円の初値を付けた。公開価格2940円の4.25倍に高騰しており、人工知能(AI)ベンチャーへの投資家の高い期待が集まった。

 30日に上場したものの、買い注文が殺到して取引が成立しなかった。31日も午前の取引では値が付かず、午後になってようやく売買が成立した。

photo ユーザーローカルはAIによるチャットボットにも進出している

 同社2017年6月期の予想売上高は9億3500万円に対し、最終利益は2億4200万円。初値ベースでは、時価総額は約450億円、予想1株当たり利益ベースの株価収益率(PER)は179倍と、投資家の期待を受けて高騰している。

 ユーザーローカルは2005年に創業。Webアクセス分析ツールなどを手がけ、近年はAIを活用したチャットボットなどに進出している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集