調査リポート
» 2017年04月10日 17時14分 UPDATE

高齢化率は38.4%:2065年、日本の総人口は8808万人

2065年の日本の総人口は、1億2709万人から減少し8808万人へ。老年人口割合(高齢化率)は、15年の26.6%から、38.4%へと上昇する――国立社会保障・人口問題研究所調べ。

[ITmedia]

 2065年の日本の総人口は8808万人――国立社会保障・人口問題研究所が4月10日、全国人口推計(日本の将来推計人口)の結果を発表した。15年国勢調査の総人口、1億2709万人から減少は続き、53年には総人口1億人を割ると予測した。

日本の総人口は8808万人に

 老年人口割合(高齢化率)は、15年の26.6%から、38.4%へと上昇する。老年人口のピークは42年で、3935万人に上る。

老年人口割合は38.4%

 全国人口推計では、15年までの実績値を基に、65年までの人口について推計。5年前の前回は、65年の総人口を8135万人、老年人口割合を40.4%としたが、今回の推計では人口減少の速度や高齢化が緩和している。

 緩和の原因となったのは、近年の30〜40歳代の出生率実績。5年前の前回推計から合計特殊出生率1人の女性が一生に産む子どもの平均数)が1.35から1.44に上昇している。全国人口推計は合計特殊出生率をもとに推計しており、政府が掲げている「希望出生率1.8」が実現した場合、総人口は1億45万人、老年人口割合は33.7%となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集