ニュース
» 2017年04月12日 17時15分 UPDATE

生き残り競争が激化:「ZOZOフリマ」終了 売り上げ伸びず

スタートトゥデイのフリマアプリ「ZOZOフリマ」が6月30日に終了。大手ファッションECサイト「ZOZOTOWN」の知名度を生かして展開したが、売り上げが伸び悩んだ。

[ITmedia]

 スタートトゥデイがフリマアプリ「ZOZOフリマ」を6月30日に終了する。大手ファッションECサイト「ZOZOTOWN」の知名度を生かして展開し、月間利用者数も増えていたが、売上高が目標に達さなかった。

スタートトゥデイ運営のフリマアプリ「ZOZOフリマ」が終了

 ZOZOフリマは15年12月にローンチ。「出品手数料無料」「ZOZOタウンで利用できるZOZOポイント交換可能」などをうたい、利用者にアピールしていた。

 だが2017年3月期第3四半期(16年4〜12月)の決算短信によると、取扱高は6億6600万円だったのに対し、同社としての売上高はほぼなかったもようだ。

同社のセグメント別業績。フリマアプリ事業は、返品により負の値となるという

 フリマアプリ市場には多くのプレイヤーが参入しているが、シェア9割を握るのはダウンロード数4000万突破、月間の流通額100億円超の「メルカリ」。「ヤフオク!フリマ出品」「FRIL」「ラクマ」が追いかけているものの、独走を許している状態だ。「LINE MALL」や「楽天オークション」など終了するサービスも多く、生き残り競争が激化している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集