ニュース
» 2017年04月21日 18時51分 UPDATE

テレワークでの利用想定:カラオケボックスを仕事場に ビッグエコーが新プラン

カラオケチェーン「ビッグエコー」で、カラオケの個室をワークスペースとして利用できる新サービス「ビジネスプラン」が開始。

[ITmedia]

 第一興商は、カラオケチェーン「ビッグエコー」で、カラオケの個室をワークスペースとして利用できる新サービス「ビジネスプラン」を東京都・神奈川県の27店舗で4月24日に始める。

photo ビッグエコーの公式サイト

 働き方改革の一環として注目を集める、テレワークを行う人などの利用を想定。駅からのアクセスのしやすさや、会話や資料の内容が第三者に漏えいする心配がない構造など、カラオケならではのメリットを生かして仕事ができる点が特徴だ。

 電源タップ、HDMIケーブル、卓上ホワイトボードは無料でレンタルする。八重洲本店(東京都中央区)、品川港南口中央店(東京都港区)など、都内の7店舗では無線LANも使用できる。

photo ビジネスプラン導入店舗一覧。一部の店舗では無線LANも使用できる

 料金プランは、1ソフトドリンク付きで60分600円、延長30分当たり300円。オープンから午後7時までのフリータイムは1500円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news132.jpg
ソフトはマリカーがゼルダ抜く:
news122.jpg
「スタンディングテーブル」導入:
news118.jpg
審査手続きなしの少額キャッシング:

マーケット解説

- PR -