ニュース
» 2017年05月02日 17時19分 UPDATE

「女性に負担を強いる表現」と謝罪:ユニ・チャーム「生理で彼氏困る」タンポン動画を削除

ユニ・チャームが女性向け動画メディア「C CHANNEL」で公開した生理用品「ソフィソフトタンポン」の動画広告に批判が相次いだ。同社「生理に悩む女性に負担を強いるような表現になっていた」と謝罪し、動画を削除した。

[ITmedia]

 ユニ・チャームは5月2日、女性向け動画メディア「C CHANNEL」で公開した生理用品「ソフィソフトタンポン」の動画広告を削除し謝罪した。「彼女が生理中の時、困ることを彼氏に聞く」というコンセプトの動画で、ネット上で批判が相次いでいた。

ユニ・チャームが動画広告について謝罪

 動画広告では、「彼氏の65%が生理中の彼女に困ったことがある」とアンケート結果を発表。「旅行の予定がキャンセルになった」「やたらとトイレに行くから待っている間が寂しい」などの声を紹介し、「タンポンを利用すれば生理でもいつも通り楽しめる」と製品をアピールするというもの。

 この広告に対し、「生理用品は自分が快適になるために使うもの」「なぜ女性の生理用品の選択に彼氏の意見が影響するのか」とネット上で批判が相次ぎ、一部では不買活動の声も上がっていた。

 ユニ・チャームは公式サイトで「生理中の不快感などを軽減できる生理用品の一つとしてタンポンを紹介することを目的に、C CHANNELの協力を受け制作した。生理の時に女性がつい気になってしまう、対人関係での不安を解消できることを伝える意図で制作したが、生理に悩む女性に負担を強いるような表現になっていた」と説明し、「大変不快な思いをおかけしたことを深くお詫び申し上げる」と謝罪し、動画を削除したと発表した。

商品ページでは、「タンポンなら生理を忘れて楽しめる」とメッセージを発信

 ユニ・チャームは紙おむつや生理用品などを開発・販売するメーカー。タンポンの国内シェアは1位で、ほぼ独占状態にある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -