連載
» 2017年05月19日 06時00分 UPDATE

常見陽平のサラリーマン研究所:上司は「ムリゲー化」する仕事に立ち向かっている (1/2)

マネジメントの難易度が上がっている中で、上司の仕事が「スペランカー化(ムリゲー化)」している。部下は、このような「スペランカー上司」を支えなくてはならない時代となっているのだ。

[常見陽平,ITmedia]

現代社会における上司の仕事は「ムリゲー化」している

 突然だが、皆さんは『スペランカー』というゲームをご存じだろうか。アラフォー男子ならご存じの方も多いことだろう。そう、伝説の洞窟探検アクション・アドベンチャーゲームだ。日本では1985年にファミコン版がリリースされた。もともと海外のゲームで、日本版はアイレムソフトウェアエンジニアリングという会社から出ていた。

 なぜ、このソフトが有名なのか? それは、難易度が異常に高かったからだ。洞窟の中で少しでも高くジャンプしてしまうと、ミスになってしまう。当時、大ヒットしていた『スーパーマリオブラザーズ』なら画面の上から下まで飛び降りても平気だったのだが。人生の厳しさは、このスペランカーから学んだ。

 「それって、有名なクソゲー?」と言う輩もいるだろう。失礼な! 正確には「ムリゲー」に近い。しかも、同年発売のスーパーマリオの裏に隠れてしまったが、ちゃんと数十万本のヒットになっている。だからこそ、アラフォー男子はスペランカーと聞くと妙に反応してしまうのである。

 この、スペランカーで遊んでいた世代の男子たちが、企業では課長や部長になり始めている。しかし、求められる成果のレベルが上がっているし、雇用形態や勤務条件が多様な部下をマネジメントしなくてはならなくなっている。また以前のように、男性を中心とした職場ではなくなった。

photo 『スペランカー』で遊んでいた世代の男子たちが、企業では課長や部長になり始めている

 雇用形態も年齢層も、男女比も変化した職場をマネジメントするには、高度なスキルが必要となる。しかも、時代は「働き方改革」の大合唱だ。長時間労働の是正が叫ばれている。育児・介護との両立や、自分の時間を増やすためという理由も含め、より効率的に働くことが期待されている。人材マネジメントだけでなく、そもそも自社を取り巻く課題が変化しているのだから、マネジメントの難易度は上がっているのだ。

 そう、現代社会においては管理職の仕事が「無理ゲー化」、言うなれば「スペランカー化」しているのである。このような「スペランカー上司」を支えなくてはならない時代となっている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集