インタビュー
» 2017年05月24日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(ガシャポン公演):殻を捨てた「ザク」が、20万個以上売れている秘密 (1/6)

バンダイが発売しているガシャポン「ザク」が売れている。機動戦士ガンダムシリーズに登場するザクの頭部を再現したものだが、最大の特徴はサイズ。カプセルよりも大きいこのアイテムはどのように開発したのか。担当者に聞いた。

[土肥義則,ITmedia]

 ガシャポン(カプセルトイ)なのに、カプセルという“殻”を捨てた商品が売れている。バンダイの「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」(以下、ザク)である。

 ガシャポンといえば、自販機のレバーを回すとカプセルが出てくる。そして、その中にアイテムが入っている。「なに当たり前のこと言ってるの?」と思われたかもしれないが、この商品は違う。カプセルに入っていなくて、アイテムがそのまま出てくるのだ。保護用のシェルを外すと、中にはパーツがぎっしりと詰まっていて、そのパーツを組み替えると、ザクの頭部に変身するというものだ。

 ところで、なぜこの商品はカプセルの中に入っていないのか。答えは、サイズを追求したから。殻を排除したことで、ガシャポン史上最大級の大きさを実現したのだ。完成すると、前後の幅は約100ミリ、高さは約65ミリ(アンテナ除く)。500円玉の直径は26.5ミリなので、前後幅は500円玉4枚といったところ。

 規格外のザクを2月に発売したところ、約4万個を完売。異例の追加生産が決まり、海外を含めて20万個を再出荷した。価格は500円(税込み)とガシャポンとしては安くないのに、「機動戦士ガンダムファン(30〜40代の男性)だけでなく、普段ガシャポンを購入していない層にも買っていただいた」(バンダイ)という。

 なぜカプセルを排除したザクは、多くの人の支持を集めたのか。また、どのようにして開発したのか。バンダイで商品開発を担当している松原大典さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

バンダイのガシャポン「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」が売れている(C)創通・サンライズ
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -