調査リポート
» 2017年07月06日 16時40分 UPDATE

「ノート」「タント」なども人気:「N-BOX」が「プリウス」抜き首位 17年上半期の販売数

2017年上半期(1〜6月)に最も売れた自動車は?――日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が調査結果を発表した。

[ITmedia]

 日本自動車販売協会連合会が7月6日発表した2017年上半期(1〜6月)のブランド名別国内新車(登録車)販売台数で、トップはトヨタ自動車のハイブリッドカー「プリウス」だった。販売台数は前年比36.0%減の9万1246台にとどまったが、新型「プリウスPHV」の発売もあり、根強い人気を見せた。

photo 最も売れた乗用車は「プリウス」

 2位は日産自動車の「ノート」で、63.3%増の8万4211台。3位以下は「C-HR」(トヨタ、7万9303台)、「アクア」(トヨタ、6万4168台)、「フリード」(本田技研工業、6万1057台)、「セレナ」(日産、5万4344台)――と続いた。

photo 乗用車の国内新車販売台数

17年上半期に最も売れた「軽自動車」は?

 また、全国軽自動車協会連合会が発表した17年上半期の軽自動車の国内新車販売台数では、トップはホンダ「N-BOX」。10.7%増の10万6231台を販売した。2位はダイハツ工業の「タント」で、販売台数は9.8%減の8万607台だった。

photo 最も売れた軽自動車は「N-BOX」

 3位以下は「デイズ」(日産、7万6707台)、「ムーヴ」(ダイハツ、7万2167台)、「スペーシア」(スズキ、5万7763台)――と続いた。

photo 軽自動車の国内新車販売台数

全体では、「N-BOX」が首位

 乗用車と軽自動車を総合すると、17年上期の新車販売ランキングでは「N-BOX」が「プリウス」を上回り、首位となった。

 上位は以下の通り。

 1位:「N-BOX」(ホンダ、10万6231台)、2位:「プリウス」(トヨタ、9万1246台)、3位:「ノート」(日産、8万4211台)、4位:「タント」(ダイハツ、8万607台)、5位:「C-HR」(トヨタ、7万9303台)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集