ニュース
» 2017年07月13日 16時18分 UPDATE

「動け、動いてよ!」:歌舞伎町のVR施設で一足早く“VRエヴァ”を体験してきた (1/2)

7月14日に新宿・歌舞伎町にオープン予定のVR施設「VR ZONE Shinjuku」の報道陣向け内覧会の模様をお届けする。記者は「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」と「マリオカート アーケードグランプリVR」を体験した。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 バンダイナムコエンターテインメントは7月14日に、東京都新宿区でVR(仮想現実)の技術を用いたアクティビティーが楽しめるエンターテインメント施設「VR ZONE Shinjuku」の営業をスタートする。2014年に閉館した歌舞伎町の映画館「TOKYU MILANO(ミラノ座)」の跡地を活用し、約1100坪と大規模なフロアでさまざまなVRアクティビティーを展開していく。

photo VR ZONE Shinjuku

「エヴァ」など13種類のアクティビティーを用意

 同施設に設置されるVRアクティビティーは、初公開となる「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」「マリオカート アーケードグランプリVR」「極限度胸試し ハネチャリ」など7種類と、東京・お台場で2016年4〜10月に営業していたVR施設「VR ZONE Project i Can」から継続設置となる「ガンダムVR ダイバ強襲」「VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」など6種類の計13種類。

 さらに、プロジェクションマッピングを活用した“滝下り”が体験できる「ナイアガラドロップ」、さまざまな仕掛けをくぐり抜けながら崖を登り切ることを目指す「トラップクライミング」など、VRを使用しないアクティビティー3種類も備える。

photo 「ナイアガラドロップ」=左、「トラップクライミング」=右

 2019年3月末までの期間限定で営業し、約1年半で100万人の動員を掲げる。1人当たりの滞在時間は約3時間を見込んでいる。

 7月12日には、オープンに先立ち、報道陣に施設を公開。記者も実際にVRを体験してみた。

記者は「エヴァ」を体験も……使徒が強すぎた

 アクティビティーを体験したい人は、ブースの前でスタッフにチケットを見せると、待機スペースに誘導される。3〜4人で行う対戦型ゲームが多いが、スタッフが人数を調整してくれるため、1人でもゲームに参加できる。

 スタッフから待機スペースでゲームのルール説明を受けた後、座席へと案内され、アクティビティーが始まる。

photo 「エヴァ」ブース

 記者が最初に体験したのは「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」。第3新東京市に第10使徒「ゼルエル」が襲来するも、エヴァの正規パイロットと連絡が取れないため、急きょ一般人をパイロットとして招集し、使徒との戦闘に送り込む──というストーリーだ。

 最大3人での協力プレイが可能で、機体は「零号機」「初号機」「2号機」から選択できる。使用する武器は「アサルトライフル」「ガトリング砲」「N2ミサイル」の3種類からランダムで与えられる。アサルトライフルは威力・連射性能ともに平均的なタイプ。ガトリング砲は連射性能に特化しているが、威力は低い。N2ミサイルは威力は高いが、重量があるため機動力が低下するリスクがある。

 基本的な操作は、左右の操縦かんを使用。主な攻撃は右の操縦かんとトリガーで行う。武器の弾がなくなった場合は左の操縦かんで「特務機関 NERV」のビルに照準を合わせ、トリガーを引くことで新しい武器を受け取れる。

 使徒から一定以上のダメージを受け、エヴァが戦闘不能になると、両方の操縦かんを前後左右に何度も動かすことで戦闘に復帰できる。

 スタッフからは「大ダメージを受けた際は、主人公・碇シンジになりきって『動け、動け、動け、動け、動いてよ!』と念じながら操縦かんをガチャガチャしてください!」と、思わずニヤリするような説明もあった。

 記者は、他社の記者と2人で戦闘に臨むことに。シートに着席し、VRゴーグルとヘッドフォンを着用すると、周囲の風景はエヴァのエントリープラグ(コックピット)に早変わり。内部に溶液「L.C.L.」が注ぎ込まれる演出や、「A10神経接続」の演出もあり、気分はパイロットだ。しかし、パイロットとしては“代打”のため、シンクロ率は10%程度と低い結果に……。

photo 「L.C.L.」が注ぎ込まれる演出

 射出の演出もリアルだが、シートが大きく振動し、やや驚かされた。射出口を通り抜けると、辺りに広がるのは第3新東京市の高層ビル群。到着後すぐに戦闘が始まり、ゼルエルが少し離れた区画から連続してビームを撃ってくるため、注意が必要だ。

photo 射出されるシーン
photo 戦闘シーン

 記者に与えられた武器はガトリング砲。しかし……ゼルエルの「A.T.フィールド」が非常に強力で、撃てども撃てども本体にダメージを与えられない。やがて弾切れになり、新たな武器を入手すべくNERVのビルを探している最中に連続してビームを被弾。慌てて操縦かんをガチャガチャと動かして戦闘に復帰したが、結局A.T.フィールドすら破壊できないまま制限時間の2分を終えてしまった。

photo 「A.T.フィ−ルド」の前では攻撃も無意味だ
photo 被弾した様子

 時間内に敵を倒せなかった場合は、パイロット側の負けとなる。敗北後は、ゼルエルがゆっくりと口を開き、記者が乗る初号機を飲み込んでしまう演出が流れた。

photo ゼルエルが口を開く演出

 スタッフによると、「正直に言いますと、2人プレイでは攻撃力が足りず、A.T.フィールドを破壊できません。仲間を集めて、3人でまたチャレンジしてください」──とのこと。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集