インタビュー
» 2017年08月03日 06時35分 UPDATE

シリーズ100巻突破:辛くても諦めず 「キャプテン翼」高橋陽一さんの漫画家人生 (1/4)

日本のサッカー界に大きな影響を与えた少年漫画「キャプテン翼」。作品のテーマである、諦めずに夢を追い続けることは、作者である高橋陽一さんの漫画家人生そのものである。

[伏見学,ITmedia]

 今や世界中で愛読されているサッカー漫画「キャプテン翼」にこんなセリフがある。

 「やらずに悔やむより、やってみて悔やむ」

 中学生時代、主人公である大空翼の名パートナー、岬太郎がジュニアユース日本代表入りを迷いながらも決心した際、父親に「臆病になって全日本に入らずに、後になって入っておけばと悔やむより、入ってみてそこで失敗して悔やんだほうがいい」と告げ、後に父親がそれを回想したときのセリフだ。

 思い切ってどんどん挑戦すること、決して諦めないこと、そして夢を追い続けること――。こうしたキャプテン翼の作品テーマは、作者である高橋陽一さんの漫画家人生そのものなのである。

漫画家を夢見た少年

 キャプテン翼は、まだ日本にサッカーのプロリーグもない1981年に集英社の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった。高橋さんは弱冠20歳。この漫画の登場によって、日本の多くの子どもたちがサッカーの楽しさやルールなどを知ることができたといっても過言ではない。実際、キャプテン翼を幼少時代に読んでサッカーが好きになったというプロサッカー選手が何人もいるのだ。日本のサッカー界の隆盛に大きく貢献した漫画として、誰もが認める存在なのである。

小学生時代、大空翼がライバルである日向小次郎に向かって叫んだ名言。高橋さんにとっての夢は漫画家だった(C)高橋陽一/集英社 小学生時代、大空翼がライバルである日向小次郎に向かって叫んだ名言。高橋さんにとっての夢は漫画家だった(C)高橋陽一/集英社

 そんなキャプテン翼は2017年6月に発売した「キャプテン翼 ライジングサン」第6巻でシリーズ通算100巻を達成した。高橋さんが連載漫画家としてのキャリアをスタートしてから36年目のことである。

 このことについて高橋さん本人は「こんなに長く続くとはデビュー時には思ってもみなかった」と謙虚。ただ、子どものころから絵を描くことや漫画を読むことが好きで、職業として漫画家になることを夢見ていた。「自分が好きなことを仕事にできただけで幸せ。さらにここまで長くやらせてもらっているわけで、まさに天職です」とかみしめる。たまに満員電車に乗ると、サラリーマンの道を選ばなくて本当に良かったと実感するそうだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集