インタビュー
» 2017年08月09日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(カリカリ公演):たこ焼き器はたくさんあるのに、なぜイワタニの「炎たこ」が売れているのか (1/5)

岩谷産業のたこ焼き器「スーパー炎たこ」が売れている。自宅でたこ焼きをつくろうとしても「上手に焼くことができない」「うまくひっくり返すことができない」といった不満の声が多いのに、なぜ炎たこは支持されているのか。その理由は……。

[土肥義則,ITmedia]
イワタニの「炎たこ」が売れている

 外はカリッとしているのに、中はトロトロ――。

 たこ焼きは熱々を食べることができ、みんなで楽しむことができるので、「ついついたくさん食べてしまう」といった人も多いのでは。「でも、家でつくるのはダメ。プレートに生地がこびりついて、うまくひっくり返すことができない」といった不満を感じている人もいるだろう。

 関西人にそのようなことを言うと、「たこ焼き器を十分に熱した?」「油引きに油を多くつけた?」「生地を流す前に、塗りつけるように油をひいた?」といった感じで、たたみかけるように質問が飛んできそうだが、そんな声を聞かなくてもよくなるようなアイテムが存在している。岩谷産業(以下、イワタニ)が発売している、たこ焼き器「スーパー炎たこ(えんたこ)」だ。

 使ったことがない人にとっては、にわかに信じがたい話かもしれないが、同社のWebサイトを見ると、「誰にでも失敗なく、キレイでおいしい、プロ顔負けのたこ焼きがつくれる」とうたっているのだ。理由を調べてみると、3つを挙げている。(1)プレートに切れ溝が付いているので(2)フッ素加工プレートを採用しているので(3)専用のU字バーナーを搭載しているので――と書かれているのだが、本当にこれだけの理由で“失敗しない”のか。

 記者は大阪生まれ、大阪育ちなので、幼いころから家にたこ焼き器が存在していた。週末のたびに、家でたこ焼きを食べていた記憶があるので、「たこ焼きをつくるのが難しい」といった気持ちを理解するのは難しい。しかし、たこ焼きをつくるのが苦手という人に、この炎たこを使ってつくってもらったところ、「あれ? 簡単にできる。これまでできなかったのに……」といった答えが返ってきたのだ。

 たこ焼きをつくったことがない人でも“失敗せずに”つくれるのであれば、このたこ焼き器は売れているのではないか。そんな疑問をイワタニの商品開発担当者、福士拡憲さんに投げかけたところ「2012年から15年にかけて、1.6倍も売れました」という。家電量販店などに足を運べば、多くのたこ焼きが並んでいるのに、なぜイワタニの炎たこは売れているのか。その理由について聞いた。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集