連載
» 2017年08月09日 06時00分 UPDATE

長浜淳之介のトレンドアンテナ:なぜ「目隠しレストラン」が人気なのか (1/3)

目隠しをして、肉が香ばしく焼ける音をヘッドフォンで聞きながら熟成肉を楽しむ「旬熟成 GINZA GRILL」が人気を集めているという。

[長浜淳之介,ITmedia]

 目隠しをして“本当の肉の味”を楽しむステーキレストラン「旬熟成 GINZA GRILL」が人気を集めている。

 ただ目隠しをするだけではない。牛肉が香ばしく焼ける音をヘッドフォンで聞きながら、聴覚を刺激するサービス「リスニングイーツ」を提供している。

 同店は2017年4月にオープン。東京・銀座エリア最大級の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」のレストラン街「ザ・グランギンザ」にある。ザ・グランギンザ自体が「銀座から第6感をも刺激する、トレンドや文化・体験価値の発信基地」をテーマにしているが、まさしくそれに沿った提案だ。

 席数は54席で、年間の売り上げ目標は2億5000万円。反響は大きくランチ、ディナータイムともに連日満席で、順調に予約が入っている。

photo 目隠しして肉を食べる「旬熟成 GINZA GRILL」が人気?

 雑誌やSNSの写真写り、映像映えの良い商品が売れる傾向にあるのは否めないが、リスニングイーツはそうした視覚重視の常識に対する、新たな挑戦である。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集