ニュース
» 2017年08月22日 13時53分 UPDATE

ヤッホーブルーイングの代表ブランド:「よなよなエール」リニューアル 発売20年で初

ヤッホーブルーイングのビール「よなよなエール」が発売20年で初のリニューアル。香りをさらにブラッシュアップする。販売目標は前年比40%増を目指す。

[ITmedia]

 クラフトビールのヤッホーブルーイングは8月22日、看板商品「よなよなエール」の味とパッケージデザインをリニューアルすると発表した。9月中旬から樽で先行発売し、10月中旬からスーパーやコンビニなどの店頭で順次切り替え販売する。レシピの大幅なリニューアルは1997年の発売以来初めて。リニューアル後、前年比40%増の販売拡大を目指す。

よなよなエールがリニューアル
現行のパッケージ

 特徴である香りをさらにブラッシュアップ。ホップの品種や配合を見直し、香りの余韻が長く続くようにした。「既存のよなよなエールの延長線上にありながら明らかにこれまでとは異なる、グレープフルーツやレモンのような柑橘(かんきつ)のフレッシュかつ鮮やかな香りを実現した」という。

 缶のパッケージデザインも、表側は色鮮やかに、裏側は「『飲むと自分の中に眠っているもう一人の自分になれる』というブランドの世界観を表現する」ものにリニューアルする。

 よなよなエールは、ヤッホーブルーイングが創業後全国ブランド第1号として発売した商品。クラフトビール市場をけん引し、販売量は10年で10倍の増加を見せている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集