ニュース
» 2017年09月04日 19時23分 公開

個性を生かした街へ:「東京ミッドタウン日比谷」18年春に誕生 (1/2)

三井不動産が、東京・日比谷に建設中の大規模複合ビルの名称を「東京ミッドタウン日比谷」に決定した。地下4階・地上35階建てで、商業施設、映画館、オフィスなどが入居予定。

[ITmedia]

 三井不動産は9月4日、東京・日比谷に建設中の複合ビルの名称を「東京ミッドタウン日比谷」に決定したと発表した。2018年2月1日に竣工し、同年3月29日に開業する予定。

photo 「東京ミッドタウン日比谷」の完成イメージ
photo ロゴマーク

 東京ミッドタウン日比谷は、日生劇場、東京宝塚劇場、日比谷シャンテなど芸術・エンターテインメント施設に囲まれた敷地面積約1万700平方メートルのエリアに誕生予定。

photo 「東京ミッドタウン日比谷」の立地

 サイズは高さ約192メートル、地下4階・地上35階、延べ床面積約18万9000平方メートルと大規模になるという。

photo ビルの概要

 現時点では、地下1階と1〜3階、6〜7階は商業フロアとなる予定で、カフェやアパレルブランドなど60店舗が出店する。4〜5階は11スクリーン・約2300席の映画館「TOHOシネマズ日比谷」、8階は会議室、9〜10階はビジネス向けフリースペースやロビー、11〜35階はオフィスとなる。

photo ビルの構造

 三井不動産が手掛ける「ミッドタウン」ブランドのビルは、07年に開業した東京・赤坂の「東京ミッドタウン」に続き2カ所目。

 同ブランドは“JAPAN VALUE(日本の価値)を世界に発信し続ける街”とのコンセプトが設けられており、同社は東京ミッドタウン日比谷の運営を通して「世界中のさまざまな文化・感性・才能が日比谷に集結・交流することを促し、未来志向の新たな体験や価値を創出する街づくりを行いたい」としている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集