ニュース
» 2017年09月06日 13時06分 公開

アレルギー欄の誤表記で:リンガーハット、冷凍チャーハン3万個を自主回収

リンガーハットが、冷凍食品「リンガーハットのチャーハン」3万68個を自主回収する。アレルギー物質の任意表示欄に誤表記があったため。

[ITmedia]

 外食チェーン運営のリンガーハットは9月6日、持ち帰り用冷凍食品「リンガーハットのチャーハン」を自主回収すると発表した。アレルギー物質の任意表示欄に原材料の「卵」を表記せず、使用していない「鶏肉」を誤表記したため。

 9月2日に冷凍チャーハンを調理中の社員が卵の表記がないことに気付いたことで分かったという。

photo 回収対象の「リンガーハットのチャーハン」

 回収の対象となるのは、2017年5月31日〜9月2日にかけて、長崎ちゃんぽん店「リンガーハット」246店舗、インターネット通販(EC)、各種カタログ、ダイレクトメールなどで販売した計3万68個。

 該当する商品を購入した顧客には、リンガーハット本社(東京都品川区)に商品を送料着払いで送ることで、「QUOカード」500円分を付与する。

photo 対象商品の送付先

 現時点では顧客からの健康被害の報告はないという。第三者による表記のチェック体制を導入し、再発防止に務めるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集