ニュース
» 2017年09月26日 18時02分 公開

社内システム侵入とソースコード流出:gumi、海外子会社に不正アクセス 無償石の不正配布

gumiの海外子会社に不正アクセス。公式サイトの改ざんと運営タイトル内での「無償石」の不正配布があったという。

[ITmedia]

 スマートフォンゲームアプリを開発するgumiは9月26日、海外子会社gumi Asiaの社内システムと配信中の海外向けタイトルに不正アクセスがあったことが判明したと発表した。9月22日に公式サイトの改ざんと、運営タイトル内での無償石(ガチャなどに利用できるゲーム内アイテム)の不正配布が確認された。クレジットカードなどの個人情報漏えいはないという。

gumiの海外子会社に不正アクセス

 不正アクセスにより、社内システムへの侵入とソースコードなどの流出があったと判明。対象タイトルのサービス提供を停止し、侵入経路などを分析したという。23日に対応を完了し、既にサービスを再開している。

 gumiは「これまでも不正アクセス防止のためにさまざまな対策を講じてきたが、今回の事態を厳粛に受け止め、再発防止に取り組む」という。連結業績に与える影響は軽微としている。

プレスリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集