ニュース
» 2017年10月24日 15時12分 公開

窓の代わりにディスプレイ:ソニーが車を開発 高感度センサーで夜間ライトなしでもOK

ソニーが、クラウドを介した遠隔操作が可能な自動車「New Concept Cart SC-1」を試作したと発表。車窓の代わりに車両の周囲に高精細ディスプレイを配置した点が特徴。

[ITmedia]

 ソニーは10月24日、自動車「New Concept Cart(ニューコンセプトカート)SC-1」を試作したと発表した。AI(人工知能)とロボティクスを組み合わせる取り組みの一環で、クラウドを介した遠隔操作が可能な点や、窓の代わりに高精細ディスプレイを設置したのが特徴だ。

photo 自動車「New Concept Cart(ニューコンセプトカート)SC-1」

 ボディーサイズは3140(全長)×1310(全幅)×1850(全高)ミリ。乗車定員は3人で、最高速度は時速19キロ。人間の運転に加え、遠隔操作による走行も可能だ。

 超高感度イメージセンサーを車両の前後左右に搭載し、映像を車内のディスプレイに表示する。人間の視覚能力を上回るイメージセンサーにより、乗員は夜間でもヘッドライトなしに外を視認できるという。複合現実(Mixed Reality)技術と組み合わせ、景色にCGを重ね合わせて楽しむといったことも可能だ。

photo 主な仕様

 イメージセンサーで360度の映像を取得できるため、不要になった窓の部分に55インチ4Kディスプレイを合計4台設置した。車両の周囲の人の性別や年齢などの属性をAIが判断し、広告などさまざまな映像・情報を映し出すことができるようにした。

 イメージセンサーのほか、超音波センサーと2次元ライダー(LIDAR)も搭載。クラウド上に走行情報を蓄積し、ディープラーニングで解析することで、最適な運行アシストを提供して安全性を高められるとしている。

 9月から沖縄科学技術大学院大学学園(沖縄県恩納村)のキャンパス内で実証実験をスタート。各種走行実験や、太陽光など自然エネルギーの利用実験を行っていくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集