インタビュー
» 2017年10月25日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(ポキン公演):石けんを販売している会社の傘が、なぜ郵便局で売れているのか (1/5)

郵便局で「傘」が売れていることをご存じだろうか。その名は「ポキッと折れるんです」。なんだかゆるーいネーミングだが、どのような特徴があるのか。

[土肥義則,ITmedia]

 いま、全国の郵便局で「傘」が売れている。郵便局に行っても、切手を買ってハガキを出す、お金を振り込むことが多いので「傘なんて売っているの?」と思われたかもしれない。しかし、販売してまだ1年も経っていないのに、売れに売れているのだ。

 2016年12月から17年3月にかけて、東京、神奈川の164郵便局で試験販売したところ、2000本を完売。他の郵便局からも「ウチでも販売させてよ」といった声が多く、全国販売することに。6月に約4500の郵便局で販売したところ、1カ月で2万本も売れたのだ。その後も順調に売れ、10月に入って3万5000本を超えた。

 傘の名前は「ポキッと折れるんです」(1080円、税込)。なんだかゆるーいネーミングだが、製造しているのは、ちょっとカタメの社名「長寿乃里」。初めて聞いた人は「老人ホームを運営しているの?」と想像されたかもしれないが、化粧品や石けんなどを主に通信販売で扱っている会社である。主力商品の洗顔石けん「然-しかり- よかせっけん」は累計2000万個以上も売れているので、使ったことがある人にとっては馴染みのある会社かもしれない。

長寿乃里が開発した傘「ポキッと折れるんです」が売れている

 それにしても、化粧品や石けんなどを扱っている会社が、なぜ“畑違い”ともいえる傘をつくることになったのか。また、郵便局で売れている傘はどのような特徴があるのか。同社で新規事業を担当している真柄考幸さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

行列研究所が著者になりました!

 ITmedia ビジネスオンラインの連載をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』(行列研究所/SBクリエイティブ)が発売されました。本連載「水曜インタビュー劇場の人気記事をピックアップして、大幅に加筆。また弊誌では掲載していない記事もご紹介しています。

 →『バカ売れ法則大全』(Kindle版


       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集