ニュース
» 2017年10月27日 18時30分 公開

ポリゴン・ピクチュアズと設立:講談社、VRコンテンツ制作で新会社

講談社とポリゴン・ピクチュアズが共同出資の新会社「講談社VRラボ」を設立。VR・ARエンターテインメントの企画制作を行う。

[ITmedia]

 講談社と、デジタルアニメーション制作を手がけるポリゴン・ピクチュアズは10月27日、共同出資の新会社「講談社VRラボ」を設立したと発表した。VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの先端表現技術を活用した新しいエンターテインメントの企画制作を行う。

講談社とポリゴン・ピクチュアズが共同出資の新会社を設立

 資本金は1000万円で、講談社が70%、ポリゴン・ピクチュアズが30%を出資した。

 講談社は2016年7月にVRコンテンツ制作チームを発足するなど、VRコンテンツの企画・開発に注力。ポリゴン・ピクチュアズと共同でVRアイドルプロジェクト「Hop Step Sing!」を展開していた。

共同で展開していたアイドルプロジェクト

 今後は「グローバル展開がしやすいデジタルコンテンツの特性を生かし、当初から世界市場をターゲットとした企画に取り組む」という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集