ニュース
» 2017年11月02日 12時08分 公開

中国人スタッフの発案:中部国際空港、中国「独身の日」にキャンペーン

中部国際空港セントレアは、中国で「独身の日」として盛り上がる11月11日に、中国へ向かう便の利用者を対象にキャンペーンを行う。認知度向上が狙い。

[ITmedia]

 中部国際空港セントレアは11月11日、中国へ向かう便の利用者を対象に、記念品プレゼントなどを行う初のキャンペーンを実施する。同日は中国でネット通販が大々的に盛り上がる「独身の日」。セントレアと中部地域の認知度向上が狙いで、空港の中国人スタッフが発案したという。

 当日は限定のオリジナル記念品(キャンディー)を渡すほか、中国のSNS「微博(Weibo)」を使ったプレゼント施策や、免税店の購入者を対象にしたキャンペーンを行う。

独身の日限定のオリジナル記念品(キャンディー)

 「独身の日」にはAlibaba(アリババ)など中国のEC大手が大々的なセールを行う日として知られ、2016年のこの日、アリババだけで1日の総取引額が1.9兆円に上った。

アリババは2017年の独身の日も大規模セールを行う予定

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集