ニュース
» 2017年11月30日 12時33分 公開

コンビニと併設する24時間ジム:ファミマ、フィットネス事業に参入 「Fit&GO」

ファミリーマートがフィットネス事業に参入。コンビニと併設する24時間フィットネスジム「Fit&GO」を展開する。

[ITmedia]

 ファミリーマートは11月30日、24時間フィットネス事業への参入を発表した。コンビニエンスストアとジムが併設する店舗形態で、ブランド名は「Fit&GO」。1号店は2018年2月中旬をめどに東京都大田区に出店する。会員募集は12月上旬に開始予定。

ファミリーマートがフィットネス事業に参入。ブランド名は「Fit&GO」

 健康志向の高まりやライフスタイルの多様化から、いつでも気軽に利用できる24時間フィットネスの市場が拡大している。ファミリーマートによると「24時間フィットネスの利用者は20〜40代の男女が中心で、コンビニエンスストアを利用するお客さまと一致しており、親和性の高い業態と考えております」という。

 「Fit&GO」の会員は、専用のIC式バンドで24時間好きな時間に利用可能。スマートフォンアプリを介し、マシンの使い方動画や効率的なトレーニング方法などを紹介する。また、併設するファミリーマート店舗では、サプリメントなどの健康食品、タオルやボディーソープなどの日用品のほか、フィットネス事業と親和性の高い商品の品ぞろえを強化する。

「Fit&GO」のブランドコンセプト

 ファミリーマートは11月24日、コンビニと併設するコインランドリー店舗の出店計画を発表。インフラとなりつつあるコンビニエンスストアの基盤を生かし、新規事業への展開を進めている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集