連載
» 2018年01月05日 07時00分 公開

あの会社のこの商品:47都道府県のポテチが売れている、開発の狙いは? (1/5)

カルビーは各都道府県ならではの味を再現したポテトチップスを発売した。観光客向けのお土産ではなく、地元の住民に向けてつくったという味は、普段ポテトチップス売場に足を運ばない人たちが買っているという。誕生の裏側に迫ってみた。

[大澤裕司,ITmedia]

 47都道府県の「地元ならでは」の味を開発するカルビーの「❤JPN(ラブ ジャパン)プロジェクト」。コンセプトは「地元の味を愛すれば、日本がもっと好きになる」。2017年度から始まったこのプロジェクトでは、3回に分けて47都道府県の味のポテトチップスを発売している。

 第1弾は9月18日から17道府県の味を、第2弾は19都道県の味を11月13日から発売(ともに販売終了)。第3弾は14道県の味を18年2月19日から発売する。各エリアのコンビニやスーパーのほか、12の同社直営店とアンテナショップで販売。数量・エリア限定販売だが、売り上げは好調だ。第1弾の17品は、計画の1.5倍に当たる700万袋を売り上げたほど。第2弾も、第1弾に匹敵するペースで売れているという。

 では、47都道府県の味のポテトチップスをつくるという試みは、いったい何がきっかけで始まったのであろうか?

11月13日から発売になった第2弾19都道県の味
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集