ニュース
» 2018年01月11日 18時54分 公開

人材不足も影響:“シャンシャン特需”は? “パンダ銘柄”の東天紅、赤字転落へ

“パンダ銘柄”として話題になることが多い、上野に本店を構える中華料理店「東天紅」が今期は赤字に転落へ。

[ITmedia]

 中華料理店を展開する東天紅(東証1部)は1月11日、18年2月期通期(17年3月〜18年2月)の最終損益が3000万円の赤字になる見通しだと発表した。

photo 上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」

 東京・上野に本店を構える同社は、上野動物園でジャイアントパンダのおめでたが話題になると、来店客の増加が期待され、株価が急騰することで知られる“パンダ銘柄”。6月には「シャンシャン」が誕生したが、特需の追い風は吹かなかったようだ。

photo 東天紅の公式Webサイト

 売上高は前期比でプラスを見込むものの、天候不順や店舗改装による休業の影響で伸び悩み、人手不足に対応する人材確保でコストがかさんだことも響く。

photo 東天紅による下方修正の発表

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集