ニュース
» 2018年01月25日 16時42分 公開

営業赤字に:恋愛ゲームのボルテージ、赤字転落へ 新タイトルなど不調

ボルテージが連結業績予想を下方修正し、赤字に転落へ。

[ITmedia]

 スマホ向け恋愛ゲームアプリ開発のボルテージ(東証1部)は1月25日、2018年6月期通期の連結業績予想を下方修正し、営業損益が9億円の赤字に転落する見通しだと発表した。従来予想は3億円の黒字だった。

photo ボルテージの公式Webサイト

 最終損益の見通しも7億5000万円の赤字に修正する。従来予想は1億9000万円の黒字だった。

photo ボルテージによる業績予想の修正

 売上高は前回予想比20億円減の80億円を見込む。主力の国内女性向けアプリ事業で、カジュアル層向けタイトルが想定を大幅に下回った。コア層向けに投入した第1弾「アニドルカラーズ」の使い勝手や課金に誘導する構造が不十分だったことも下方修正の要因という。

photo コア層向けアプリ「アニドルカラーズ」

 テレビCMの集客効率が悪かったことも一因となり、今後は広告出稿の精度向上に加え、既存タイトルの拡大や新規タイトル投入などで業績は上向くと想定しているが、「17年7〜12月期までの不振を取り戻すことは難しい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集