ニュース
» 2018年01月25日 18時50分 公開

後輪ブレーキに不具合:三菱自、「アウトランダーPHEV」など9万台リコール 駐車中に動き出す恐れ

三菱自が、「アウトランダーPHEV」など4車種計9万2307台をリコール。後輪ブレーキキャリパーに不具合が見つかったため。最悪の場合、駐車中の車両が動き出す恐れもあるという。

[ITmedia]

 三菱自動車は1月25日、SUV(スポーツタイプ多目的車)「アウトランダーPHEV」など4車種の後輪ブレーキキャリパーに不具合が見つかったとして、計9万2307台のリコールを国土交通省に届け出た。

photo 「アウトランダーPHEV」

 対象は、2012年7月〜16年2月に製造した「アウトランダーPHEV」「アウトランダー」「デリカ」「RVR」。

photo リコール対象車種一覧

 いずれの車種も、(1)駐車ブレーキ駆動用シャフト内の密閉性能が不足しており、浸水してさびが発生する可能性があるという。

 また、(2)製造工程の不備によって規格外の部品が流出したため、ブレーキパッドとブレーキディスクとの隙間を自動調整する機構が作動しない場合があるという。

 消費者から報告された不具合は、(1)が266件、(2)が19件。現時点では事故の報告はまだないが、最悪の場合、ともに駐車中の車両が動き出す恐れもあるとしている。

photo 不具合があった部分

 三菱自は今後、対象車のシャフト内を点検し、ブレーキキャリパーや内部のピストンを劣化状況に応じて良品と交換する予定。消費者にはダイレクトメールで、整備業者には機関誌でそれぞれ通知する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集