ニュース
» 2018年01月26日 16時32分 公開

アプリが見通し上回る:東映アニメ、再び大幅上方修正 「ドッカンバトル」など好調

東映アニメーションが2018年3月期の連結業績予想を上方修正。

[ITmedia]

 東映アニメーションは1月26日、2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高は前回予想から80億円増の460億円になりそうだと発表した。

photo 好調な「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」=公式サイトより

 昨年7月にも上方修正したが、で「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」などスマートフォン向けゲームが前回発表時の見通しを上回って好調に推移しているという。

 営業利益は従来予想から25億円増の116億円、最終利益は20億円増の83億円を見込み、17年3月期比で増収増益を確保する見通し。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集