ニュース
» 2018年01月31日 16時11分 公開

業績が大幅回復:任天堂、7年ぶり売上高1兆円突破へ 「Switch」好調、通期1500万台に

任天堂は、2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高が1兆200億円になる見通しだと発表した。

[ITmedia]

 任天堂は1月31日、2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高が1兆200億円になる見通しだと発表した(従来予想は9600億円)。売上高が1兆円を超えるのは2011年3月期以来、7年ぶり。

photo 好調な「Nintendo Switch」

 家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」が好調で、通期で1400万台としていたハード販売台数を1500万台に上方修正するなどしたため。売上高は前期比で2.1倍になる。

 営業利益は前回予想から400億円増の1600億円、最終利益は350億円増の1200億円を見込む。

 配当予想は年間500円。前期(430円)から増配となる。

photo 任天堂の上方修正=IRリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集