ニュース
» 2018年02月19日 13時18分 公開

ネットで「失礼極まりない」との声:時事通信、「俳人・金子兜太さん死去」と誤報配信 担当記者に処分の可能性も

時事通信が19日午前、俳人で文化功労者の金子兜太さんが死去したとの誤報記事を配信。約1時間後に記事全文を取り消した。事実関係の確認が不足していたという。時事通信に誤報発生の経緯を聞いた。

[ITmedia]

 時事通信は2月19日午前6時50分ごろ、俳人で文化功労者の金子兜太(とうた)さん(98)が死去したとの記事を配信したが、後に誤報だと判明し、約1時間後に記事全文を取り消した。

 同記事では「戦後の現代俳句をリードした俳人で文化功労者の金子兜太さんが死去したことが19日、分かった。98歳だった」などと報じていた。

photo 時事通信による謝罪文

 同社は「事実関係の確認が不足していました。金子様、ご家族をはじめ、関係者、読者の皆さまに多大なご迷惑をお掛けしたことを深くおわびします」と謝罪している。

 「誤報だった」との情報を受け、インターネット上では「失礼極まりない」「誤報でよかった」「長生きしてほしい」「(時事通信は)関係先からの連絡をうのみにしたのか」――といった声が挙がっている。

担当記者に処分の可能性も

 時事通信に誤報が発生した経緯を聞いたところ、「現在、『金子さんが亡くなった』との情報がもたらされたルートを調査中。当該記事を執筆した記者や編集局から話を聞いているが、現時点では詳しいことは分かっていないため、発生の経緯についてはコメントできない」(社長室)と回答。

 「調査が終了する時期のめどや、誤報の指摘元に関してもコメントを控える」とし、「あくまで一般論だが、調査終了後、担当記者に何らかの処分が下りる可能性もある」(同)とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集