ニュース
» 2018年02月21日 18時12分 公開

ユニーの従業員はドンキ流を実践できるか:ドンキとユニーの新業態店 「ほとんどドンキ」 (1/3)

MEGAドンキと総合スーパーユニーの両社の強みを融合させた新業態店舗が発表されたが、多くの部分ではドンキ流が貫かれていた。

[昆清徳,ITmedia]

 ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスが協業して開発した「MEGAドン・キホーテUNY大口店」(神奈川県横浜市)の店舗が、2月21日に公開された。23日からオープンする。

 ユニーが運営する総合スーパー「アピタ」と「ピアゴ」に「MEGA ドン・キホーテ」のノウハウを取り入れて業態転換することが決まっている。今回が1号店となる。2018年3月下旬までに5店舗を同様にリニューアルする。主要顧客をドンキが得意とするニューファミリー層に転換し、品ぞろえや陳列方法を大きく変えた。

 プレスリリースには両社の強みを存分に生かすとの記述があるが、実際の店舗は「ドンキ色」に染められていた。

photo MEGAドン・キホーテUNY大口店の外観
photo 入口付近にある驚安(きょうやす)コーナー

 店内に足を踏み入れてすぐ目に飛び込んでくるのはドンキが得意とする「驚安(きょうやす)」コーナー。うず高く積まれた食品や日用品が並ぶ。「激安」に代わるドンキ独自の用語で、単に安いだけではなくお客に驚きや楽しさを与える価格設定のことを指す。

 店内にはドンキ独自の派手なPOPとマスコットキャラクターの「ドンペン」が溢れている。商品の陳列方法もドンキ流が貫かれる。「スーパーがドンキになった」と勘違いする利用客は多いだろう。

photo 店内には「UNY」の文字がない装飾もある

 品ぞろえもドンキが得意とする商品が拡充されている。お菓子・お酒は旧店舗の約2倍、日用品・化粧品は約3倍だ。そのほか、持ち帰り家電、バラエティグッズ、香水、輸入品などが並ぶ。

 同店で働く従業員の多くはユニー出身者が占めるが、イニシアチブをとるのはドンキ出身者だ。担当者は「立ち上げ責任者はほぼドンキ(の社員)。オープン後の総責任者も総店長(ドンキ出身者)」と説明する。

photo うず高く積まれた商品
photo 総合スーパーも扱っている衣料品の陳列や品ぞろえもドンキ流
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集